本を読みながら寝落ちする幸せ。池袋「BOOK AND BED TOKYO」

泊まれる本屋をコンセプトにした話題のホステル「BOOK AND BED TOKYO」。好きな本を読みながら寝落ちできるとあって、本好きにはたまらない空間です。今回は池袋にある3号店を取材したときの様子を紹介しますね!

3号店の入り口はバーカウンター!2号店の京都からお酒を飲めるようになりました。お酒のボトルがすっぽり入るこのボックスは持ち運びにも便利です。

宿泊フロアに入ると巨大な本棚がドーンとお出迎え!!

本のジャンルは漫画、写真集、サブカル本など思わず手に取りたくなる本ばかり。「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」がセレクトしているそうです。

本棚の一部がベッドになっており、こちらに本を持ち込んで寝ることができるのです。ベッドは布団、ハンガー、コンセント、耳栓、セーフティボックスのみとシンプル。大きな荷物などは本棚の下のスペースに置くことも可能です。

天井には豪華な「ホンデリア」のあるラウンジ。階下にある1号店より広くなっているので、気になる本を読んでみたり、隣の人と気軽に交流してみたりと、思い思いの時間を過ごせます。またベッドで飲食できないので、飲みながら読書したい方はこちらで。

電子レンジ、ポッドもあるので簡単な調理もできますよ。

本好き、一人旅好き、ホテル好きにはたまらない本も揃っていました!2018年春には新宿コマ劇跡に5号店ができるそうなので楽しみです。

スポンサーリンク